ボーイとして仕事を一通り覚えて、キャストやスタッフに評価されると、マネージャーへのステップアップを果たすことになります。

キャストをマネジメントするのが特徴

その名のとおりマネージャーの仕事はキャストをマネジメントするのが特徴で、お店のキャストを担当に持って、その人たちがお店の中で働きやすいように、そして成績を上げられるように指名回しをして、色々とサポートしていくのが主な役割です。

また、キャストへの指導も大きな役割の一つです。

新人さんにはお客様との接し方や話し方、指名を取れるようにはどうすればよいかを教えたり、既に経験のあるキャストには指名の実績が正しく確認できるようにタイミングを見計らってスマホで連絡を取ったりします。


お店の売り上げも考え、バランスを取ってマネジメント

売上管理も大切な役割の一つですが、キャスト間だけではなく、お店の売り上げも考えながら、バランスを取ってマネジメントしていくので、なかなか自分の思い通りにならないことも多いようです。

ただ、メンバーをサポートしながら同じ目標に向かって進んでいくことはとっても面白みのある仕事で、達成したときの喜びもいっそう大きくなりますね!

ボーイは個人のやる気や実力と成長が評価されていましたが、キャストと共に成長してチームとして売り上げを達成していくことが求められます。

それだけの責任とやりがいのある役割になっていきます。そしていよいよ店長へのステップアップへと進んでいきます。